ブックメーカーのテニスはおすすめ

テニス

ブックメーカーに投資するのであればテニスは特におすすめです。

ゲームのスピードが早く、1試合で何回も投資することができるからです。

また、ライブベッティングの中でもテニスは特に面白くておすすめできます。

当然、グランドスラム4大大会はすべてにオッズがあり、数多くのメニューがあります。過去のデータを分析し、常にランキングをチェックするなど情報を集めれば、投資として十分に成り立ちます。

あとは、ブックメーカーならではのルールを覚え、テクニックを使うだけです。

ブックメーカーテニス ゲームウィナー

テニスボールとスマホ

「試合をする前から、勝敗はほぼ確定している」

このような試合の場合は、ゲームウィナー(Game Winner)を検討しましょう。

ランキング3位の選手と300位の選手では、大きな実力差があり、3位の選手が圧勝するでしょう。

ゲームウィナーは高オッズの傾向があり、大きなリターンを期待できます。

逆に、ランキング10位の選手と13位の選手では実力差がほとんどないため、予想が難しくなります。

テニスはランキングを参考にして、ランキングの開いた試合にゲームウィナーで賭ければ、勝率が高く高オッズなので、大きな見返りが期待できます。

ブックメーカーにあるテニスのオッズ 種類

テニスには豊富な種類のオッズがあります。

下記は、テニスの代表的なオッズですが、ブックメーカーによりオッズの種類は異なります。(50音順)

  • ゲームウィナー
  • セットウィナー
  • セットスコア
  • セットベッティング
  • トータルゲームインセットv
  • トータルゲームインマッチ
  • トータルセット
  • ハンディキャップ
  • ポイントウィナー
  • マッチウィナー

すべてのオッズを覚える必要はなく、勝率が高いオッズの必勝パターンをつくり、そのオッズへ繰り返し賭けるようにしてください。

ブックメーカーテニスでは、オッズの倍率は関係なく、勝率アップを目標にして稼ぐようにしましょう。

また、ランキング内の日本人選手に賭けるのはいいですが、応援する気持ち程度で少額を賭ける事をお勧めします。好きな選手に賭けますと、データを無視し、感情的に賭けてしまうことがあるからです。

リスク管理をしながらブックメーカーへ投資すること

リスク管理

ニュースなどで時々話題になるブックメーカーですが、日本人にあまり馴染みがなかったブックメーカーも最近はテニスファンにも注目されるようになってきました。パソコンやスマートフォンでインターネットを利用する人が多くなり、ブックメーカーもオンラインサイトが増えたので昔よりも利用しやすいです。特にスマートフォンならば、時間も場所も関係なくテニスに賭けられます。

ブックメーカーを投資として利用する場合は、特にリスク管理が重要になります。大きなリターンが可能なので、中には一攫千金を目指す人もいます。特にテニスはゲームが連続するのでブックメーカーの中で投資に向いているスポーツなのでが、一攫千金よりも、低オッズで確実に的中させ勝率を高めていく投資法こそが理想です。

最近は投資手法を載せたサイトが次々と登場し、興味を持つテニスファンが増えていますが、投資を成功させるにはルールを覚えることと同時にリスク管理能力を磨くことも必要になります。リスク管理ができないと、損をする可能性も出てくるので注意が必要です。最初は予算を決めておき、少ない額から挑戦してリスク管理能力を磨いていきます。どんな状況でも冷静に自己管理ができれば、大きな勝負もできるようになります。ブックメーカー投資のプロと呼ばれる人は、自己管理能力が他の人よりも勝っています。