ブックメーカーのアービトラージは覚えておく

テニスコート

テニスだけに限らず、すべてのスポーツですが、ブックメーカーで大きな月利を安定して得ようと思えば、アービトラージについて知っていて損はありません。

ブックメーカーだけに限った話ではないのですが、ある一つのスポーツの試合など何か同じ勝負について複数のメーカーが賭けを提供しているようなケースでは、場合によってはどちらがのチームが勝とうとも確実に利益を出せる賭け方が存在することがあり得ます。これをアービトラージと呼びます。

理論を説明してもなかなか理解しにくいかもしれませんから例を挙げますが、分かりやすくするために極端な例を出していることは承知しておいてください。実際にはここまで極端な例はまず起こりません。

A選手とB選手が対戦するとして、PというメーカーのオッズはAが1.2倍、Bが3倍だったとします。一方、QというメーカーではAが2.5倍、Bが1.3倍だったとしましょう。

この場合、PではBに100円を賭けるとともに、QではAに100円を賭けるとどうなるでしょうか。

合計200円の投資ですが、Aが勝てばQから250円の払い戻しを受けることができ、Bが勝てばPから300円の払い戻しを受けることができます。

勝敗の結果がどちらの選手になっても、確実に利益を上げることができることが分かります。

少し極端な例ですので、ここまで分かりやすいオッズはありません。

アービトラージで注意をしたいのは、多くのブックメーカーではアービトラージを禁止しているということです。アービトラージを疑われますと、ベット金額の規制ができ少額しか賭けられなくなったりします。また最悪の場合は、アカウントが解約される事もあります。

以前と比べ、アービトラージは絶対的な取引方法ではありませんが、頭の隅に入れておくのはいいでしょう。

テニスボールと犬